パンケーキスワップ(PancakeSwap)【スワップ】と【リミット】の使い方

パンケーキスワップ_使い方_スワップアイキャッチ
この記事でわかること
  • リミット注文(指値注文)の使い方と注意点
  • パンケーキスワップ(PancakeSwap)でのスワップ操作手順
  • スワップ時のスリッページ設定方法
  • パンケーキスワップを使用する際のBNBの必要性と準備方法

仮想通貨の世界でもっと自由に取引したいと思いませんか?

そんなあなたにピッタリなのが、パンケーキスワップ(PancakeSwap)です。

この記事を読むことで、パンケーキスワップの【スワップ】と【リミット】の使い方・やり方がわかります。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)はBNBになるので準備しておきましょう。

ビットバンクでBNBが買えるので、この機会に口座開設してください。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)はかんたんに始められ、DeFi初心者さんも安心して使えます。

それではスワップとリミットの使い方を画像付きで詳しく解説していきます。

目次

パンケーキスワップの【スワップ】を始める手順

パンケーキスワップ(PancakeSwap)を始める手順をかんたんに解説しておきます。

BNBを持っていないと、パンケーキスワップ(PancakeSwap)で取引の手数料が支払えません。

必ずBNBを用意しておきましょう。

海外口座を持っていない人

STEP
ビットバンクでBNBを購入

ビットバンク公式サイト
https://bitbank.cc/

STEP
メタマスク(MetaMask)にBNBを送金
STEP
パンケーキスワップ(PancakeSwap)に接続

パンケーキスワップ(PancakeSwap)
https://pancakeswap.finance/

パンケーキスワップ(PancakeSwap)でスワップのやり方

パンケーキスワップ(PancakeSwap)で【スワップ】ができるようになると、投資先の幅が広がります。

USDTやUSDCにスワップしておくと、アメリカドルの価格に連動してるためおすすめです。

ハードウェアウォレットが必要になりますが、海外取引所を使わずにUSDTを買う方法もあります。

交換元の通貨と入手したい通貨を選択し、枚数を入力するだけで交換できます。

スワップの使い方はとてもシンプルなのでサクサクいきましょう!

スワップのやり方

STEP
パンケーキスワップ公式サイトへ移動

Googleで検索した場合、詐欺サイトが表示される事があるので気をつけてください!

パンケーキスワップ(PancakeSwap)はこちら

必ずURLを確認してからメタマスクを接続してください。

初めてアクセスするときは右上の「ウォレットを接続」をクリックしましょう。

パンケーキスワップトップページ
STEP
パンケーキスワップとメタマスクを接続する

パンケーキスワップが対応しているウォレットが表示されます。

今回はメタマスク(MetaMask)を接続していきます。

パンケーキスワップとメタマスクを接続する
STEP
「トレード」から「スワップ」をクリック
パンケーキスワップでスワップ
STEP
スワップしたい数量を入力

今回は「BUSD→CAKE」にスワップしていきます。

上段(赤枠)にいくら分スワップするか、又は下段に何枚のCAKEが欲しいか入力します。

入力が終わったら「スワップ」をクリックしましょう。

パンケーキスワップでBUSDをCAKEへスワップ
STEP
スワップできない場合

流動性が高い通貨同士の場合はあまり起きませんが、マイナー通貨(草コイン)の場合はスワップできない場合があります。

その場合は歯車マークをクリックして設定から「スリッページ許容度」を変更しましょう。

スワップ時のスリッページ許容度を変更しましょう

スリッページ許容度とは?

スワップを押した瞬間の価格と、実際に約定価格の差のことを言います。

市場は常に動いているためスワップできないときはスリッページ許容度を変更してみましょう。

注意点:高く設定し過ぎると思わぬ価格で約定することもあるので少しずつ上げていくのがおすすめ

スワップ(Swap)には手数料がかかります。パンケーキスワップの手数料は「BNB」で支払うので用意しておきましょう。

STEP
スワップの確定

ポップアップが出てきます。

「スワップの確定」をクリックしてスワップを完了しましょう!

「39.831BUSD→10.1045CAKE」のレートで確定させましょう。

スワップの確定画面
STEP
メタマスク(MetaMask)の確認

スワップの確定をクリックすると、メタマスクが立ち上がります。

ガス代(fee)の確認が表示されますので問題なければ「確認」をクリックしましょう。

スワップ確定後にメタマスクでガス代(fee)を確認する
STEP
スワップの完了

メタマスクの確認をクリックして少し待つと、「レシート」が表示されます。

クリックすると、「BscScan」で取引の詳細が確認できます。

スワップが完了するとレシートが表示される

リミット(Limit)注文を使ってみよう

パンケーキスワップ(PancakeSwap)のリミット注文

リミット(Limit)注文とは日本の取引所でよく見る「指値注文」でスワップする方法です。

指値注文は、自分の希望価格で注文を出す方法

パンケーキスワップ(PancakeSwap)の指値注文の注意点

赤枠で囲った部分に希望価格を入力します。

市場価格を上回るとスワップできないことがあります。

スワップできない時は「市場レートを下回る注文しか行えません」と表示されるので価格を調整しましょう。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)のリミットは安く注文は出せるけど、市場よりも高い価格で買い注文は出せないということなります。

高く買いたい人はいないと思うので、市場価格を反映させる場合は「市場」をクリックしましょう。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)のよくある質問

Q&A
BNBを持っていないけど始められますか?

いいえ。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)の手数料はバイナンスコイン(BNB)で支払うため、BNBが必要になります。

スワップが出来ない

仮想通貨の価格は365日常に動いているため、スワップボタンをクリックしたとき既にその価格で買えないことがあります。

スワップできないときはスリッページの許容度で調整しましょう。

スワップするメリットは何ですか?

中央集権的な取引所を使わないで気軽に仮想通貨取引が出来るのが大きなメリットです。

さらに、仮想通貨取引所に上場していない銘柄を早い段階で購入することができます。

上場していない草コイン(無名コイン)なので、消滅するリスクがあることが把握しておきましょう。

スワップのガス代(手数料)はどこでわかる?

スワップするときにメタマスク(MetaMask)が立ち上がります。

ガス代(fee)の見積もりが表示されます。ガス代(fee)は調整可能で、より高い手数料を支払うと取引が早く完了します。

BSC(バイナンススマートチェーン)は処理が速いので通常設定のままでも特に問題ありませんが、お好みで調整しましょう。

まとめ

パンケーキスワップ(PancakeSwap)で仮想通貨のスワップとリミット(指値注文)の使い方を解説してきました。

PancakeSwapでスワップの使い方

  1. BNBをから用意する
  2. メタマスク(MetaMask)にBNBを送金
  3. パンケーキスワップ(PancakeSwap)でスワップする

仮想通貨取引所と見た目がちょっと違うので、最初は難しそうに感じるかもしれません。

実際はとてもシンプル構造で慣れてくると、いつの間にかさくさくスワップできるようになります。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)はDeFiの登竜門でもあり、練習にはもってこいなのでおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次