メタバースのやり方や無料のプラットフォームをご紹介!

メタバースってなに?アイキャッチ
この記事でわかること
  • メタバースを始めるための手順とやり方
  • 人気のメタバースプラットフォーム3選とその特徴
  • メタバースでの収益化の方法と可能性

メタバースって気になるけど、どう始めればいいの?

実は、あなたの知らないうちにメタバースの世界は急速に広がっています。

この記事では、メタバースの基礎から始め方、さらにはどのように収益化しているのかまで、初心者にも分かりやすく解説します。

有名企業も続々参入中のThe SandboxやEverdomeなど、注目のプラットフォームもご紹介します。

2021年にFacebookが「Meta」に社名変更したこともあり、メタバースへの注目度はさらに上昇中です。

そこで本記事では「メタバースってなに?」「気になっているけど始め方がわからない」という疑問にお答えします。

「メタバースを遊んでみたい」という方は、最後までお付き合いください。

目次

メタバースとは?定義はあるの?

メタバースとは?

メタバースとは、インターネット上のバーチャル空間(仮想空間)のことです。

メタバース(Metaverse)という単語は、meta(超越・高次元)とuniverse(宇宙)を合わせた造語で、広く無限な空間を表しています。

実は、メタバースには明確な定義がありません。

そのため一般的なメタバースは、現実世界にいながら世界中のユーザーと仮想空間内でやり取りすることをイメージすると良いでしょう。

わかりやすいメタバースの例として、以下の作品が参考になります。

種類作品名
オンラインゲーム・Minecraft ・あつまれ どうぶつの森 ・Fortnite
映画・サマーウォーズ ・竜とそばかすの姫 ・レディ・プレイヤー1

メタバースは、コロナ禍でも世界中の人と交流ができる画期的な場所であるといえますね。

メタバースのやり方と手順

メタバースの始め方と手順

メタバースは、以下の手順で始めることができます。

  1. 仮想通貨取引所の口座開設をする
  2. ウォレットを作成する
  3. 好きなプラットフォームでアカウントを登録する
  4. 利用する仮想通貨を購入する
  5. 必要機器を購入する

それぞれ解説していきます。

仮想通貨取引所の口座開設をする

メタバースを始めるためには、まず仮想通貨取引所の口座開設をする必要があります。

なぜなら、メタバースでの取引はすべて仮想通貨で行われるからです。

メタバースは世界中のユーザーが交流する空間であるため、取引をする際には共通の価値を持った通貨が必要になります。

基本的には、そのプラットフォームのトークンを使うことになります。

使われている銘柄

The Sandbox→$SAND

Everdome→$DOME

メタマスクウォレットを作成する

メタマスクロゴ

次に、ソフトウェアウォレットを作成する必要があります。

仮想通貨は取引所内にある状態では、メタバースを利用する際の取引に利用することができません。

銀行に預けているお金も、取引をするためにはお金を引き出す必要がありますよね。

ウォレットは「Web上の財布」としての役割があり、仮想通貨取引所からウォレットに仮想通貨を移すことで取引が可能になります。

まだウォレットを作成していない方は、知名度の高い「MetaMask」がおすすめです。

メタマスクの導入をわかりやすく解説しています。

Google ChromeやMicrosoft edgeなど、普段使っているブラウザを通じてウォレットを作成できるため、だれでも手軽にウォレットを作成できますよ。

好きなプラットフォームでアカウントを登録する

続いて、自分が遊びたいプラットフォームでアカウントを登録します。

プラットフォームの選び方はさまざま

  • 稼げる可能性がある
  • 探索したい空間がある
  • 遊んでみたいゲームがある

好きなプラットフォームが決まれば、公式ホームページからアカウントを登録しましょう。

プラットフォームの中には、アカウントを登録するだけでメタバースを始められます。

例えば、メタバースプラットフォーム「cluster」は無料で始められるため、メタバース初心者の方にはおすすめのプラットフォームの1つだといえます。

利用する仮想通貨を購入する

次に、メタバースプラットフォームで使用する仮想通貨を購入しましょう。

メタバースでの取引には、独自の通貨が必要な場合があります。

独自通貨のあるプラットフォーム例

プラットフォーム独自通貨
サンドボックス(The Sandbox)SAND
エバードーム(Everdome)DOME

このように独自の通貨があるプラットフォームでは、他の仮想通貨で取引ができません。

国内の取引所で扱っていない通貨が多いため、必要であれば海外取引所の登録が必要な場合があります。

国内で取り扱いが無い通貨のメタバースの手順

  1. 国内取引所で仮想通貨を買う
  2. 海外の取引所に送金
  3. プラットフォームに必要な仮想通貨を購入
  4. 仮想通貨取引所からウォレットに送金
  5. プラットフォームにウォレットを登録し、取引を行う

ウォレットへの送金ミスは仮想通貨を失うため、一度テスト送金をするなど間違えないように注意しましょう。

海外取引所は日本語対応しているバイビット(BYBIT)がおすすめです。

\ 日本語対応の取引所/

必要機器を購入する

ほとんどのメタバースプラットフォームは【仮想通貨の購入】で十分楽しむことができます。

しかし、メタバースをより楽しむためには必要機器の購入がおすすめです。

必要機器スペック効果
パソコンGPU(グラフィック性能)が高い CPU(処理性能)が高い高画質を体験できる ラグのない環境を楽しめる
VRゴーグルトラッキング(視覚追従)機能現実に近い空間を楽しめる

高性能なパソコンやVRゴーグルの導入で、現実に近いメタバース空間を楽しみましょう。

メタバースでできること

2022年現在、メタバースではたくさんのことができるようになっています。

特に注目されている機能は、以下の3つ!

  • いつでも参加できる
  • エンタメを楽しむ
  • お金を稼ぐ

それぞれ解説していきます。

いつでも参加できる

メタバース最大の特徴は、いつでも参加できることです。

これまでのゲームは自分がログアウトしているときは一時停止状態となり、ゲーム内での時間は止まっていました。

しかし、メタバースは常に現実と同じ時間で広がっていて、自分がログアウトしていても他のユーザーの活動は止まりません。

メタバースは空間が終了することもなくいつでも参加できます。

エンタメを楽しむ

メタバースではさまざまなエンターテインメントを楽しむことができます。

  • 交流
  • ゲーム
  • 空間探索
  • 観光、観戦
  • イベント参加(ライブや講演会)
  • 家を建てる
  • おしゃれをする

仮想空間であっても現実世界と同じようにエンタメを楽しむことができるのです。

当然、メタバースでは人と人が物理的に接触することがないため、コロナ禍で叶わなかった「ライブに行きたい」や「世界中の人と会いたい」という夢を叶えることもできます。

お金を稼ぐ

メタバースでは、アイテムの売買や仕事をすることでお金を稼ぐことができます。

実際に行われている活動をいくつか紹介しましょう。

  • 企業の会議を行う
  • 有料イベントを主催する
  • バーチャル店舗で商品を売る
  • ゲームで獲得したコインやアイテムを売買する

このような活動は実際にメタバース上で行われており、過去には「バーチャルマーケット」とよばれるメタバース会場でBEAMSがアイテムを出品したことがあります。

メタバースでは実際の会場に行く手間がかからないため、効率よく集客することもできます。

おすすめメタバースプラットフォーム3選

本章では、おすすめのメタバースプラットフォームを3種類紹介します。

メタバースではNFTを制作して稼ぐこともできます。

  • The Sandbox(サンドボックス)
  • DOME (エバードーム)
  • cluster(クラスター)

1つずつ解説していきます。

The Sandbox(サンドボックス)

The Sandbox(サンドボックス)は、ボクセル(四角形のピクセル)で構成されたメタバース空間を探索するゲームです。

有名なスマホゲーム「Minecraft(マインクラフト)」に似た世界をイメージするとわかりやすいでしょう。

イーサリアムのブロックチェーン上で運営されており、NFT化された「LAND」とよばれる土地を探索できます。

The Sandbox(サンドボックス)でどうやって稼ぐ?

  • オリジナルゲームを作成
  • LANDの貸し出し(不動産所得)
  • キャラクターやアイテムのNFTを作成(マーケットプレイスで販売)
  • 独自の通貨「SAND」をステーキング
    ※仮想通貨を保持するだけで増える仕組みのこと

大手の企業である「スクウェア・エニックス」や「adidas」もThe Sandboxに出資しているため、期待値の高いプラットフォームであることがわかりますね。

さらにCoincheck NFTでは、5月13日から540個の「LAND」を販売すると公表しました。

LANDの場所は「Oasis TOKYO」の近くであるため、不動産所得が狙いやすい場所であるといえますね。

通貨シンボルSAND
リリース日(The Sandbox)2012年5月15日
取引所(SAND)コインチェック
時価総額 ※2022年5月時点¥215,042,679,540(40位)
現在の価格 ※2022年5月時点¥174.65
公式サイトhttps://www.sandbox.game/jp/
※SAND詳細

Everdome(エバードーム)

Everdome(エバードーム)は、火星を舞台にしたメタバースプラットフォームです。

現在開発段階ですが、すでに公式サイトでゲーム映像の一部が公開されており、高画質で超現実的なメタバース空間が広がっています。

Everdome(エバードーム)では、3Dスキャンした自分の分身をアバター化できる予定であるため、他のゲームよりリアルな世界を体験できます。

映像には、映画やPlayStation5の制作に関わっている「Unreal Engine」が採用されており、高画質でとことんリアルな仕上がりを予定しています。

Everdome(エバードーム)で稼ぐ方法は?

  • 広告収益
  • NFTアイテムや土地の売買
  • NFTアイテムや土地のレンタル収入
  • 独自の通貨「DOME」をステーキング

とにかくきれいな映像でメタバースを楽しみたい方は、Everdome(エバードーム)がおすすめです。

超注目のEVERDOME(エバードーム)を更に詳しく解説

現在「2022年第1四半期」であるため、公式サイトでゲームの開発段階を随時チェックしましょう。

通貨シンボルDOME
リリース日未定(取引所の上場は2022年2月)
取引所
時価総額 ※2022年5月時点¥19,928,158,357(2,813位)
現在の価格 ※2022年5月時点¥3.48
公式サイトhttps://everdome.io/
$DOMEの詳細

cluster(クラスター)

clusterは、メタバースの代表格であり「バーチャルSNS」ともよばれています。

3Dアバターを選択し、ワールド内でイベントや会議の参加だけでなく、観光地や展示会を巡ることもできます。

過去のイベントとして、テレビでも有名なフワちゃんが2020年にcluster内でイベントを行いました。

さらに2022年6月5日には、自民党がcluster内で演説会を行う予定です。
cluster|自民党 青年局メタバース演説会

公式ホームページからアカウントを作成するだけでメタバースを体験できるため、初心者でも手軽に始めることができますよ。

シンボルなし
リリース日2017年5月31日
取引所
時価総額 ※2022年5月時点
現在の価格 ※2022年5月時点
公式サイトhttps://cluster.mu/

メタバースに関する疑問

Q&A

メタバースに関するよくある質問や疑問について回答していきます!

メタバースは無料で遊べますか?

初期費用が必要なものもありますが、無料で遊べるメタバースもあります。

ただし、本格的に楽しみたい方や稼ぎたい方は、初期費用として仮想通貨や必要機器の購入が必要です。

メタバースはスマホアプリで遊べますか?

メタバースはスマホでもプレイ可能です。なかには、アプリで遊べるものもあります。

本記事で紹介した「cluster」はスマホでも遊ぶことができます。

ただし、よりメタバースを楽しむためには、高画質でスムーズな操作ができるパソコンで遊ぶことをおすすめします。

メタバースは稼げますか?

初期費用が必要な場合もありますが、メタバースでは稼げる可能性があります。

  • メタバースで仕事を受ける
  • アイテムや土地を貸して収入を得る
  • メタバースで獲得したアイテムや仮想通貨を売買する

実際に海外ではメタバースで稼いだお金で家を建てたり、生計を立てている人もいます。

メタバースを含む仮想通貨市場は盛り上がっているため、やり方次第で可能性はあるといえるでしょう。

未成年でも遊べますか?

ゲームで遊ぶだけであれば、未成年でも問題ありません。

ただしアイテムの取引には仮想通貨が必要であり、メタバースで稼ぐためには仮想通貨取引所の口座が必要になります。

仮想通貨取引所の口座開設には、年齢制限が設けられている場合が多いので利用前に確認しておきましょう。

メタバースとVRとの違いはなんですか?

メタバースとVR、その他に似ている用語の違いは以下の通りです。

名称内容活用事例
メタバース仮想現実、バーチャル空間のことメタバースプラットフォーム
VR(バーチャルリアリティ)仮想現実を体感する技術・機器のことVRゲーム
AR(拡張現実)現実世界に仮想空間を重ねて表示させる技術のことスマホを通して現実に物を出現させて見せる
MR(複合現実)AR映像を360°の角度から見ることができる技術のこと電子カルテを現実上に映し出して見る
どうやったら土地が買えますか?

メタバースでは、プラットフォーム上の土地を買うことができます。

土地を買うためには、プラットフォームに対応した通貨が必要です

  • 仮想通貨取引所に登録し、仮想通貨を購入
  • MetaMaskに送金
  • プラットフォームのアカウント作成
  • NFTマーケットプレイスで土地を購入

マーケットプレイスは国内の利用者が多い「OpenSea」と「Coincheck NFT」を利用して土地を購入しましょう。

メタバースに必要なものはなんですか?

メタバースはパソコンかスマホがあれば楽しむことができます。

より楽しむ・稼ぐためには以下のものが必要です。

  • 高性能なパソコン
  • 仮想通貨
  • VRゴーグル
  • マイク
  • イヤホン、ヘッドホン

まずは無料で楽しめるメタバースを体験し、必要に応じて道具を揃えも遅くないですよ。

まとめ

本記事では初心者でもわかりやすいように、メタバースの概要や始め方を解説しました。

  • メタバースとは何か?
  • メタバースの始め方
  • おすすめのメータバース

メタバースは従来のオンラインゲームとは違い、仮想通関内で仕事をしたり、エンタメを楽しんだりと幅広く活用されています。

登録だけで無料で遊べるものや、企業と提携しているメタバースプラットフォームもあります。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次